ようこそゲストさん| ログイン

博報社 > 広報室

広報室 室長が綴る博報社の今と、お客様の質問へのご回答の場です。

お詫び。

posted at 2013/01/15

日頃は当社取扱紙をご愛読頂きまして
誠にありがとうございます。

本日は産経新聞配達時間の大幅な遅れにより、
お客様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを
心よりお詫び申し上げます。

前日の降雪による道路状況悪化により、
店着時間が約6時間遅れたことが原因でした。

18時現在も配達業務は継続しておりますが、
一部の地域で明日の朝刊とほぼ同時刻での
お届けになってしまう可能性がございます。

明日以降に再度このようなことがないよう、
全社で危機管理体制を徹底させていきます。

今後とも博報社を宜しくお願いいたします。

有限会社 博報社
代表取締役 砂長秀和

お問い合わせ

売れています。

posted at 2012/12/03

毎年行なっておりますJAほしいも販売。

今年は11月1日からスタートしたのですが、
今日までの約1ヶ月でなんと・・・

161箱もお買い上げいただいております!!
本当にありがとうございます!!

寒くなるにつれ、徐々に注文数が増えていくこの商品ですが、
今年は物凄い勢いのスタートダッシュです。
来年3月までにいったい何箱売れてしまうのでしょうか!?

味はもちろんお墨付きですので、ご自宅用としてだけでなく、
お歳暮にも、離れて暮らすお孫さんにも
喜んでいただける商品となっております。
ぜひ一度JAほしいもをお試しください。

それから先日お伝えしました『2013年博報社カレンダー』について。
現在購読中のお客様には、既に配布が終了しています。
万が一『届いてないぞ』というお客様がいらっしゃいましたら
当社までご連絡ください。

1月からのご購読予約を頂いているお客様には
12月下旬に配達場所の確認を行なう際に配達をさせていただきます。
お届けまでもうしばらくお待ちください。

余談ですが、室長宛に2013年かすみがうらマラソンの案内状が届きました。
12月5日からエントリー開始ですが、例年数日で定員に達してしまいます。
走られる方はお早目のエントリーをおすすめします・・・

ねっ!?(そうあなたですよ)

お問い合わせ

インターンシップ。

posted at 2012/11/07

本日11月7日(水)から9日(金)の3日間、
当社で高校生のインターンシップが行なわれます。

インターンシップとは・・・
生徒が職場生活を体験し、社会人として必要な資質・マナー、
働くことの大切さ、仕事の厳しさの一端を学び、
将来の職業選択の指針となるようにするものです。

まだまだ未熟な会社ではありますが、
これからの時代を背負って立つ若者の
何か力になれたらということで
インターンシップを受け入れさせて頂きました。

期間中に水海道豊岡地区周辺で当社従業員と高校生が
お客様のお宅にお伺いするかもしれません。

ご理解の程、宜しくお願いいたします。

お問い合わせ

恒例行事。

posted at 2012/11/04

___1

___2

ここ数年大人のパーティー?のやり方に
疑問を感じるハロウィン(日本式)も終わり、
11月に突入しました。
今年も残り2ヶ月をきってしまいましたね。

一昨日、2013年博報社カレンダーが入荷いたしました。

昨日から輸送管理部社員と折込パートさんで
一本ずつ手作業で配送の準備を始めています。

お届けは11月中旬~下旬となりますので
もうしばらくお待ちくださいね。

それから既にお気づきかもしれませんが、
博報社HPの背景画像が変わりました。

HOMEというところをクリックすると動きだす
後ろの画像が古い写真に変わっています。

よーくご覧になっていただくとその画像、
歴代の博報社店舗写真になっていて、
創業時(大正12年)の店舗写真もあるんですよ。

併せて博報社の歩みというページも
ようやくオープンいたしました。

興味のある方は是非ご覧になってみてください。

歴史とは本当に重みのあるものですね。

お問い合わせ

最高到達点を目指せ。

posted at 2012/10/15

Image

Image3

Image2

朝晩はすっかり涼しくなりましたね。

昨日は新聞休刊日だったので、
近隣の朝日新聞販売店の皆さん総勢104名と
東京スカイツリー展望、浅草観光をしてきました。

『そういうことにお金を使う時代ではない』と
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
私たちの地区では所長さんたちが話し合い、
『会社の中に飲み食いできるお金が
少しでもあるうちは、これを削るべきではない』と
年一回の従業員大会をずっと続けています。
労働集約型の新聞販売店では、やっぱり人が宝ですからね。

毎年行き先を決め出席人数の返信が戻ってくるまでの間、
朝刊を配ってから眠そうな顔でバスに乗り込んできたとき、
『今年は行きたくないな、来なきゃよかったな』と
思われないかと不安な気持ちになるのですが、
帰り際に『いろいろとありがとうございました』と
家族と笑顔でバスを降りていく姿を見ると、
こちらが逆に嬉しい気持ちにさせてもらいます。

写真は室長が日本一になった瞬間と地上450mからの景色、
博報社の頼もしい社員たちです。

本人たちには言えませんが・・・
おそらくこの中に誰か雨を呼ぶ人間がいますぜ(極秘)

お問い合わせ


<< 戻る

↑このページの先頭へ